うつ病の原因であるストレスについて学ぼう

婦人

気質に着目する

医者

うつ病は、患者自身や周囲が病気を正しく理解して早期に治療を始めていくことで、改善することも可能な病気です。症状や異変にいち早く気づいて、専門医やカウンセラーに相談していくことがとても重要になってきます。うつ病になる原因は、明確にはわかっていません。しかし、さまざまな要因が複雑に関係しあうことで病気になることはわかっています。現在日本国内だけでもうつ病患者は100万人以上いるといわれていますが、誰もが突然うつ病になることがあるのです。他人事とはいえない病気になります。うつ病の原因と対策を踏まえて、病気に備える姿勢は必要といえるでしょう。
では、うつ病を発症しやすいタイプの人にはどのような特徴があるのでしょうか。遺伝的な原因の他に、たくさんの要素があるといいます。それは、患者の性格とも呼べるような、さまざまな気質が深く関係してきます。例えば、気分に波があるタイプの気質の人は、うつ病になりやすいといわれています。社交的でコミュニケーション能力は高いのですが、状況次第では、性格がガラリと変わってしまうようなタイプです。感情にムラがあり陰と陽がハッキリしている性格の人は、注意が必要だといえます。他には、真面目なタイプも要注意です。柔軟性がなく、正義感の強いタイプは、自分にも厳しいことが多く、無理をし過ぎる傾向があります。休みもとらずに努力をし過ぎるため、精神的にも肉体的にも知らず知らずのうちに疲労を溜め込んでしまうのです。そして、最近の若い世代に多くなっているのが、自分に対する愛情が強く、周囲のことにはあまり関心を持てない気質のタイプの人です。すぐに周りに責任転嫁をして、無気力な状態に陥りやすい傾向がみられます。
こうしたさまざまな気質を持ったタイプの人は、ストレスを溜め込んでしまうという共通の特徴があります。少しでもうつ病を発症する原因を取り除くためには、人生に対して、あそびの部分を常に持って、適度にゆるく生きるということを意識していきましょう。