うつ病の原因であるストレスについて学ぼう

婦人

仮面うつ病の症状を知る

ハートを持つナース

近頃ニュースなどでも話題になっている仮面うつ病ですが、実際にはどのような症状になるのでしょうか。仮面うつ病と聞くと、その言葉の意味から、嘘の病気といったイメージもありますが、はたしてどうなのでしょうか。まず、仮面うつ病はれっきとしたうつ病の一種になります。誤解される人も多いのが現状ですが、まずは病気という認識を持つようにしましょう。そして、仮面うつ病ですが、一般的なうつ病と違って、症状が身体に現れるケースが多いことが特徴です。普通は、精神的に落ち込んだりすることが多いうつ病ですが、仮面うつ病では、頭痛や、食欲不振、めまい、耳鳴り、しびれ、疲労感といった肉体的な症状が目立ちます。原因不明の身体の不調が続くので、内科を受診する人も大勢います。しかし、内科で診察してもらっても原因がはっきりわからずに異常なしといった結果になるのです。そのため、なかなか症状を改善することもできずに辛い日々を送ることになるのです。原因がはっきりしない身体の不調が続くようであれば、仮面うつ病を疑った方がよいでしょう。抗うつ剤で症状は改善されるので、心療内科や精神科を受診することが大切です。この仮面うつ病は、潜在的な患者数も多いといわれています。うつ病の認知度は広がっていますが、この仮面うつ病は、まだまだ知られていないといえます。早く病気に気付いて原因を取り除き治療することが大切になります。職場や家庭で話題にするなど、病気に対して啓蒙していく必要があるでしょう。