うつ病の原因であるストレスについて学ぼう

婦人

休養と薬の服用

医師

最近はうつ病患者に対する世間の視線も大きく変化しています。昔は病気自体の認知度も低く、誤解をされることも多かったといいます。うつ病患者は、病気の辛い症状に加えて、そうした理解のない世間の目に対するストレスもあり、二重の苦しみを背負わされていたのです。しかし、今ではうつ病であれば、治療のために会社を休職することもできますし、患者自身の社会的な立場も保障されるようになりつつあります。うつ病治療では、原因となる要素を取り除くことが大切です。残業が続いて休みがとれないような仕事であったり、人間関係が悪いような職場であれば、まずはそうした環境から身を遠ざけることが治療においては第一優先事項となります。いくら病院に通って薬を飲んでいても、根本的な病気治療にはなりません。病気を発症した原因となる事項をピックアップして、できる限りそれらの1つ1つから逃れることが大切です。ゆっくり休養することで、大きく状況が好転することも珍しくありません。しかし、原因がはっきりしない場合も往々にしてあります。しかし、自分自身でも気づかないストレスや、病気の原因は日常に潜んでいるものです。思い切って、環境を変えて休養し、専門クリニックを受診することがまずは大切になってくるでしょう。専門クリニックでは、抗うつ剤を処方されるケースが一般的です。医師が処方した量を飲むことが重要になります。調子が良い、悪いといったときでも勝手な自己判断で、薬を増減しないことが肝心です。必ず医師の指導に合わせて、適切な薬を服用し続けるようにしましょう。また、最も危険なのは、途中で断薬してしまうことです。副作用が大きく出てしまうこともあるので、必ず担当医に相談するようにしていくことが求められます。