うつ病の原因であるストレスについて学ぼう

原因を知り、うつ病を治す

高まるリスク

頭を抱える男性

うつ病は昔に比べて認知度も上がっている病気になります。発症する原因にはさまざまなことが考えられますが、なかでも遺伝的な要素は見過ごせない大きな問題となっています。

Read More

気質に着目する

医者

うつ病になる原因は解明されていませんが、病気になりやすいタイプの人はいます。それは、本人の気質によるところが大きいといわれています。傾向を知ることによって、病気予防に繋げていきましょう。

Read More

休養と薬の服用

医師

うつ病の治療は、病気の原因となるような環境から距離を置き、しっかりと休養をとって、かかりつけの医師に診てもらうことが必要不可欠です。医師の処方してくれた薬を正しく服用していくことが大切になります。

Read More

仮面うつ病の症状を知る

ハートを持つナース

最近よく聞かれる病名に仮面うつ病がありますが、まだまだ病気の実態を知られていないのが現状です。原因をしっかり把握して病気の発症を予防することが何より大切となるでしょう。

Read More

症状を理解する

笑顔の女性

死を選びたくなる症状があるうつ病ですが、そうした行為を阻止するためには、周囲のサポートが重要になります。段階的に進んでいく症状を理解して、根本的な原因を探っていきましょう。

Read More

ストレスを学ぶ

カウンセリング

うつ病の原因は主にストレスと言われています。このストレスを軽減させることで、効果的な病気の予防が実現できるでしょう。そのためにはストレスについて学ばなければいけません。どのようなストレスがあるのかチェックしていきましょう。ストレスという言葉は元々、物理学で用いられていた言葉です。何かしらの刺激により物が歪む事を意味しています。現在では、心身に与えられる負荷や刺激の事を指すようになりました。基本的に、ストレスが生じるにはいくつかの原因があります。まず、社会的ストレスですが、周りの方からの期待、勉強や仕事に対する重圧や個人が所属する場所、例えば学校や会社での対人関係から生じるストレスです。また、社会的ストレスを感じやすいのは責任感が強くて几帳面、尚且つ真面目な方と言われています。このような方はストレスを1人で溜め込みやすく、1人でストレスをどうにかしようと頑張ってしまうのです。ストレスは人によって感じ方が違います。自分だけが苦しんでいると思い込むことで、余計にストレスを感じてしまうのでしょう。心理的ストレスの場合は、心や感情の変化から生じるストレスです。将来や人生などに漠然とした不安を抱いている方や、仕事や勉強での挫折、家族や恋人との別れなどの喪失体験からストレスを生じます。喪失体験から立ち直れないと、ストレスに感じることがあるでしょう。感情を抑制しすぎることも心理的ストレスを生じさせる原因になります。特に怒りや悲しみといった感情は余計にストレスに感じることが多いので、どこかで感情を表に出せる場所を確保しておくと良いでしょう。そのような感情を吐き出す場所がなければ、精神科の医師に相談することで問題を解決することができます。環境的ストレスは、身の回りの環境が変化することで生じるストレスです。引っ越しや転勤、転校などをきっかけにうつ病を破掌してしまうこともあるので注意しましょう。また、結婚や出産などでも環境的ストレスを感じることがあります。環境的ストレスは、変化した環境に馴染めないにも関わらず、無理やり受け入れようとすることで強くストレスを感じるのです。環境の変化でストレスを感じることは当然のことでしょう。身体的ストレスは病気や怪我などに由来するストレスです。怪我や病気そのものがストレスに感じることがあります。薬の服用で、ストレスを普段よりも強く感じることもあるでしょう。このストレスは病気のせいだからと見過ごされることが多いです。ですので、他の病気や怪我と一緒にうつ病を発症させてしまう方も少なくないので、注意しましょう。